ホーム > マッサージ > 「目の疲れ」にきくツボ

「目の疲れ」にきくツボ

 

えらい昔はテレビや読書、パソコンん長い時間ん使用によって目がチカチカどしたり、目ん奥に鈍痛を感じたりしはるやらなんやらん「目ん疲れ」を訴える人がほとんどどしたが、現代ほな低学年さかいんパソコン教育、タブレットヘリ末ん普及もあり老若おとこしおなごを問わず、痛みん症状を訴える人口が増えたとされています。

そもそも「目ん疲れ」とは、「視る(見る)」ちゅう行為に対し、目ん周辺におます筋肉が緊張やコリをもたらすことで起こるとされており、また、度んあってへんメガネやドライアイも眼精疲労ちゅう症状を引き起こす原因ん一つとされとるのどす。

こん「目ん疲れ」を放置しはると目ん充血や視力低下、目を凝らしいや見ることによる姿勢不良さかい頭痛や肩こりをも引き起こしかねまへん。今回はそん「目ん疲れ」をテーマとし、眼精疲労ん回復ん促すツボをご紹介します。

まず、「せい明(せいめい)」とよばれへんツボどすけど、ウチは目頭と鼻頭ん間におますくぼみに位置します。次に「攅竹(はんちく)」とよばれへんツボは眉頭ん下におますくぼみに位置し、それぞれんツボをマッサージしはることで、目んまーりん筋肉ん緊張をほぐし、筋肉を休ませるやけでなく、顔ん痙攣やマヒかて効果があります。それさかい眼精疲労さかいくる頭痛を緩和させるんにええといわれとる「お日さん(たいよう)」は、眉おいどと目おいどん間を結んや中央より指1本分外ねぎをつくことで痛みが緩和されます。

終いに瞳孔んすぐ下、骨ん中央に位置しはる「承泣(しょうきゅう)」とよばれへんツボをマッサージしはると血行をよおし、充血や目ん下んクマかて効果が期待できます。蒸しタオルと一緒に施すとよりええ効果が望まれます。せやけど、改善されたさかいといって目ん酷使は休めることもお忘れなく。

マッサージで痛みをほぐす


タグ :